妊活・妊娠中女性のための菌活情報サイトです

腸が健康だと、免疫力が上がる?

健康で過ごすためには「免疫力」を高めることが大切です。そしてこの「免疫力」というのは実は、腸の健康状態が大きく左右します。ここでは、腸と免疫の関係についてお伝えします。

 

免疫細胞はどこにいるの?

免疫とは、体内に有害な異物が入って来たとき、それを察知して排除しようとする働きです。「免疫力が落ちていると、あっという間に風邪を引いてしまう」と聞いたことがはないでしょうか。これは、免疫細胞がなんらかの理由で上手く働かなかったために、有害物質を体内に取り込んでしまい、風邪の症状が現れたということです。私たちの身体を守るために大切な働きをする免疫細胞ですが、どこにいるのでしょうか?免疫細胞は、体外から異物を取り入れ、吸収、消化をする場所にいます。小腸です。食べ物には、ほとんどの場合ウイルスや細菌がついています。それを体内に吸収するのかどうか判断する場所が、小腸なのです。免疫細胞や抗体のおよそ7割が小腸で作られるといいますが、その高性能な判断能力から「小腸は第二の脳である」とも呼ばれています。

 

腸内フローラが乱れると、どうなる?

異物が入って来ると、小腸の免疫細胞は次のように働きます。

○腸内に入って来た異物を認識

○有害物かどうか判断

○無害であれば受け入れて、有害であれば攻撃をする

しかし、腸内フローラに乱れが生じると、このような免疫力は働きづらくなります。腸内の善玉菌が、免疫細胞を刺激して活性化させるのですが、善玉菌が少ないと十分に活性化されないからです。活性が不十分だと、無害か有害かの判断ができなくなったり、無害なものにまで攻撃をしてしまいます。そうすると、腸はダメージを受け、腸内フローラはますます乱れてしまうという悪循環に陥ります。腸内フローラの乱れは、免疫力の低下につながっているのです。

 

免疫を高めるためには、悪玉菌はいない方が良い?

免疫細胞を活性化させるのは、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌です。では、悪玉菌は全くいないほうが良いのでしょうか?実は、これがそうではないのです。軽い悪さをする悪玉菌であれば、免疫システムを作るためにいたほうが良いのです。悪玉菌が微弱な悪さをすることで、免疫細胞は有害物質に気がつき、攻撃をすることを学びます。いわば本当に危険な有害物質が来る前の練習台です。そして本当に排除しなければいけないような有害物質が来ても、きちんと対応できるようになるのです。このシステムは、特に赤ちゃんにとって大切です。母親の胎内にいるときは、赤ちゃんの腸内は無菌状態です。生まれたばかりの頃は、免疫力がありません。それが、呼吸をすることで外気を取り入れ、また母乳を飲むことで細菌が腸内に入りこんできます。そして悪玉菌が徐々に腸内に住み着くことで、免疫細胞が動き始め、免疫システムが構築されていくのです。

 

免疫力を高めるために、大切なこととは?

悪玉菌も必要とお伝えしましたが、やはり大切なことはバランスです。少量の悪玉菌は必要ですが、善玉菌よりも増えてしまうと腸内環境が乱れ、有害物質が作られ過ぎてしまいます。免疫細胞を活発化するために必要な善玉菌を、悪玉菌よりも多く住まわせることが大切です。免疫力を高めるためには、健全な腸内フローラを保つことが第一です。善玉菌が増える生活を送るように、気を付けましょう。腸の健康は、そのまま身体全体の健康に影響します。