妊活・妊娠中女性のための菌活情報サイトです

腸と心は密接な関係にあるってホント?

心の状態が、身体に現れることがありますね。特に顕著なのは、顔です。気分が良いときは晴れやかに、不快なときは重苦しい表情に変化します。実は、腸も心の影響を強く受ける部位なのです。今回は、心と腸の関係についてお伝えします。

 

心の状態が、腸に反映される?

試験本番で急にお腹が痛くなったり、ここ一番という日に限って下痢になった経験はありませんか?ストレスを感じると、お腹がコロコロと痛くなる人は多いものです。それもそのはず、心の状態と腸は密接に結びついているのです。ストレスを受けると、脳はストレスホルモンを分泌し始めます。そしてこのホルモンは、自律神経に働きかけることで、腸にまで影響が出て、便秘や下痢といった症状を引き起こすのです。腸は非常にストレスの影響を受けやすい臓器なのですね。

 

自律神経とは?

私たちが意識せずに行なっている身体の動きには、自律神経が関わっています。血液を流したり、栄養を吸収したりといった生命維持のための活動です。自律神経が乱れて眠れなくなったり、うつ病にかかったりという話も耳にしますね。意識して動かすことはなくとも、身体には欠かせない神経です。その自律神経には、2種類あります。「交感神経」「副交感神経」です。

簡単に言いますと、交感神経は「活動している時」「頑張ろうとしている時」に働きます。主に昼間に働き、頑張って仕事をしていたり、育児やストレスを感じた時にも働きます。交感神経が動くと、心臓もそれに応えて脈拍があがり、ドキドキしてきます。筋肉もすぐに動ける体制に入り、固くなっています。

逆に、副交感神経は、「落ち着いている時」「眠っている時」に働きます。睡眠中に最もよく働くのですが、その他にもお風呂に入ったり、マッサージを受けている時などリラックスした時にも働きます。心臓は落ち着くため、脈拍は減って血圧も下降します。

 

腸を動かしているのは?

それでは、腸を動かしているのはどちらの自律神経でしょうか?答えは、副交感神経です。気分がゆったりとしていると働く副交感神経によって、胃腸は活発に動きます。「落ち着いて食事をとりなさい」というのは、消化の面においても身体の働きに適った教えなのですね。

 

ストレスが加わると、腸はどうなる?

副交感神経によって活動が始まる腸ですが、そこにストレスが加わるとどうなるでしょうか?ストレスは、身体を守ろうとして交感神経を働かせます。交感神経と副交感神経はシーソーのように代わる代わる働きますので、交感神経により副交感神経は抑えられることになります。そして腸の動きが鈍くなり、便秘になってしまうのです。また自律神経が乱れると、リラックスしていなくても副交感神経が活発になり、便意を催すことがあります。副交感神経ばかりが働くようになると、下痢になってしまいます。また、便秘や下痢がストレスになると、またそのストレスが原因で便秘になるというような悪循環に陥る場合もあります。

 

腸が心に影響も?

ここまで「心が腸に影響をする」ことをお伝えしてきましたが、実は「腸も心に影響する」ことがあります。心を安定させたり幸せを感じさせる「セロトニン」という伝達物質があります。なんとセロトニンは、その9割を腸で作っているのです。腸内環境が悪くセロトニンが不足すると、うつ病など心の病を発症させる場合があります。逆に、腸内環境が整うと、ストレスが緩和したり、気持ちが安定すると言われます。ある実験によると、善玉菌である乳酸菌を摂ることで、不安や不眠を解消できたという結果も出ています。腸と心は密接に結びついているのですね。