妊活・妊娠中女性のための菌活情報サイトです

腸内細菌にはどんな種類があるの?

健康増進に役立っている腸内細菌とは、どのようなものでしょうか?また、それぞれどんな役割を果たしているのでしょう。便秘解消に良い「善玉菌」や病気の原因になる「悪玉菌」など、腸内細菌の種類と働きについてお伝えします。

 

腸内細菌はどんな種類があるの?

私たちの腸の中には、約100超個もの腸内細菌が生息しています。そしてその細菌のバランスによって、腸の健康状態が変わってきます。身体に有益な菌が増えると、腸活動が活発になり、健康になります。有害な菌が増えると、便秘や下痢などのほか、大腸がんなど様々な病気を引き起こす原因にもなりかねません。そんな腸内細菌は、分類すると3つの種類に分かれます。「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」です。それぞれ詳しく見てきましょう。

 

善玉菌はどうして良いの?

「善玉菌」とは、人間に取って有益な働きをする菌の総称です。乳酸菌、ビフィズス菌、乳酸桿菌、腸球菌などが含まれます。乳酸菌とビフィズス菌は、よく耳にする菌ですのでなじみのある方も多いことでしょう。乳酸菌は免疫力アップに効果が大きく、ビフィズス菌は便秘の解消に効果的と言われていますね。

そんな善玉菌の大きな役割は、次の6つです。

・体内に入った食べ物を消化し、栄養分を吸収する

・乳酸や酢酸を作る

・免疫力を高め、風邪や感染症にかかりにくくする

・ビタミンを合成する

・腸運動を活発にさせ、便秘や下痢を防ぐ

腸内に善玉菌が増えると、悪玉菌の増加を防ぐことができます。その効果によって、便秘や下痢を予防することができるのです。「便秘にヨーグルトが良い」と言われるのは、ヨーグルトを食べることで体内の善玉菌が増え、整腸作用を期待できるからです。

 

悪玉菌は何が悪いの?

「悪玉菌」なんて聞くと、悪の大化身のように聞こえて、体内にいてはいけない菌のように思えますね。「悪玉菌はいない方が良い」「悪玉菌は少ないに越したことはない」と長い間考えられてきました。ところが最近の研究で、必ずしも全ての悪玉菌が悪いわけではないと分かってきました。例えば、悪玉菌であるクロストリジウム属の細菌には、確かに毒素を作る有害な種もいます。しかし大腸炎を予防すると言われる酪酸を作り出す種もいることが分かったのです。とはいえ、悪玉菌が多過ぎると、有害物質が多くなり身体にとって良くないのは確かです。菌のバランスが大切です。「悪玉菌」も善玉菌と同じく菌群の総称で、ウェルシュ菌、大腸菌、ブドウ球菌、緑膿菌などが含まれます。悪玉菌のする悪さとは、次の4つです。

・腸内のタンパク質を腐敗させ、アンモニアや硫化水素などの様々な有害物質を作る

・有害物質が引き金となり、便秘や下痢、肌荒れを起こす

・大腸がんの進行を早める二次胆汁酸を作る

・生活習慣病などの要因を作る

 

日和見菌はどんな働きをするの?

不思議な名前の菌ですよね。「日和見菌」は、善玉菌でも悪玉菌でもない菌です。むしろ、腸内ではこのどちらにも当てはまらない菌の方が多く生息しています。善玉菌が優勢な場合は大人しいのですが、悪玉菌が増えると、悪玉菌と共に悪さをするようになります。無毒性のバクテロイデスやユウバクテリウム、無毒性の大腸菌、嫌気性連鎖球菌などが含まれます。

日和見菌の大部分は未だ研究段階ですが、いくつか分かっている働きがあります。次の4つです。

・ビタミンを合成する

・有害物質を作り出す

・悪玉菌が増えると、病原性を示す種がいる

・肥満やアレルギーに関与する種がいる

 

腸内細菌の理想バランスは?

善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日和見菌が7割が理想的な腸内環境だと言われています。悪玉菌が増え過ぎると、日和見菌が悪さをし始めてしまいますので、善玉菌を増やせるようにしましょうね。