妊活・妊娠中女性のための菌活情報サイトです

食物繊維はビフィズス菌・乳酸菌との同時摂取がおすすめ!

今現在、便秘に悩まされている方は、すぐにでも便秘解消をしたいですよね。特に妊婦さんは便秘になりやすいものですが、お腹の中の赤ちゃんのことを考えると、あまり薬に頼りたくないと思われる方も多いのでは?今回は、便秘解消におすすめの食物繊維とビフィズス菌・乳酸菌のダブルタッグについてお伝えします。

 

便秘解消するためには?

まず、便秘を解消するためには、一般的には2つのことが必要です。それは、「腸内環境を整える」ことと「便を軟らかくする」ことです。腸内環境が整っていても、肝心の便が硬いままでは、なかなか排出まで至らず、便秘解消に至りません。また、便を軟らかくしても、腸内環境が悪化していれば、またすぐに便秘になってしまいます。そのため便秘解消には、この2つを同時にケアすることが大切なのです。

 

腸内環境を整えるとは?

腸内環境を整えるとは、腸内の細菌バランスを整えることです。この細菌の中で、「善玉菌」と呼ばれる菌を増やすことが重要になってきます。腸内細菌の多くを占める日和見菌は、善玉菌が少なく、悪玉菌が増えると悪さをし始めます。悪玉菌と日和見菌は、有害物質を作りだし、腸の働きを鈍らせてしまうのです。また、善玉菌には、悪玉菌の増殖を防ぐ他、腸運動を活発にさせる働きがあります。腸運動が活発になるということは、当然排便もしやすくなり、便秘が解消されるのです。

 

便秘解消に良い善玉菌とは?

便秘解消に効果のある善玉菌は、ビフィズス菌と乳酸菌です。特にビフィズス菌は、人の腸内の善玉菌のうち99%を占めると言われています。生まれたばかりで、あまり腸内細菌の住んでいない赤ちゃんは、腸内細菌の99%がビフィズス菌とも言われているんですよ。このビフィズス菌を、サプリメントなどで生きたまま大腸へ届けることができれば、便秘解消に大きく役立ちます。生きているビフィズス菌と言っても、腸内にずっと留まっていることはできませんが、酢酸と乳酸を作り出すことができるのです。酢酸と乳酸が増えると、腸内は酸性に傾きます。そうすると、悪玉菌の繁殖が抑えられて、腸内環境が良くなり、腸のぜん動運動が促されるようになるのです。

 

便を軟らかくするには?

便を軟らかくするには、水溶性の食物繊維を摂ることが効果的です。食物繊維には、「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」の2種類があります。実はどちらのタイプの食物繊維も、便秘解消の手助けになります。ただし、妊娠中に起こりがちな便秘には、水溶性食物繊維の方が効果的でしょう。妊娠中には、便が硬くなる傾向があるからです。そして硬い便に効くのは、水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維は、腸内で水に溶けてゲル状になります。その結果、便が軟らかくなり、排便されやすくなるのです。また、血糖値の急激な上昇を防ぐ効果もあります。さらに食物繊維には、もうひとつ良い働きがあります。善玉菌のエサになるのです。そのため、善玉菌が増殖し、ますます腸内環境を整える効果があります。

 

便秘が解消された後は?

溜まっていた便が出て、解消されたからといって元の生活に戻ってはいけませんよ。ようやく毒素であった硬い便が排出されたのですから、今後も同じように便秘に悩まされないために、腸内環境を整えるように気を付けましょう。便秘予防のためにも、ビフィズス菌、乳酸菌を摂取すると共に、食物繊維も摂るように気を配りましょう。腸内環境が整えば、便秘解消以外にも、免疫力が上がったり、血流が良くなったりと、妊婦さんにとって嬉しい効果が期待できますよ。